HOME>アーカイブ>どんな大スターであっても最初は苦労しています

秘訣を知る

舞台

近年、声優という職業の認知度が高まっています。声優さんが曲を出すこともあれば、テレビやラジオでレギュラーを持つことも当たり前の時代です。無論、従来のようにアイドルや女優も活躍が目立ちます。そして、彼らの登竜門と言われるのがオーディションです。オーディションを勝ち抜くことは大変ですが、勝ち抜いた先には成功が待っています。最近は子役オーディションも盛んですし、親御さんにとっても力の入れどころだと言われています。しかし、何も対策をしなければ落ちてしまいます。倍率は数百倍ですし、大半の方が既にどこかの事務所に属している場合もあります。よほどのダイヤの原石であればまだしも、最低限の知識は身につけておくべきです。

基本をマスター

キャスティング

どんなオーディションでもそうですが、ある程度の演技力が試されます。泣きや笑いの演技はもちろんですが、声を出さずに感情を表現するテストもあります。一人あたりの持ち時間は5分とも言われていて、短時間で最高のパフォーマンスを出す準備をしておくと良いのではないでしょうか。ダンス、パントマイム、手品、何でも良いですし、選考委員の目に留まる特技を持っておくと有利です。目立ってナンボがオーディションなのです。

書類の書き方を工夫

面接

オーディションの一歩目が、履歴書等の書類の提出です。志望動機や目指すポジションに関しては、必ずチェックされると準備しておくべきです。もちろん、貼る写真に関しても万全を期して下さい。プロのカメラマンに撮影をしてもらって、最高の笑顔をアピールして下さい。大手事務所ともなれば、一年を通して様々なオーディションが開催されています。自分の適性がどこにあるかは分かりませんし、まずはチャレンジしてみて下さい。

広告募集中